体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成29年(2017年)学会発表

学会発表

平成29年(2017年)学会発表

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


国際学会・研究会等

日時学会名 / 演題名 / 発表者
2017.2.17 Vitrification Workshop for oocytes (Grand Hyatt Dubai, Dubai, UAE)
  • The features and advantages of minimal stimulation and natural cycle IVF in Kato Ladies Clinic
    Keiichi Kato
  • Oocyte vitrification by Cryotop method-Principals and Practices
    Satoshi Ueno
  • Cryotop vitrification protocol and technical tips
    Tadashi Okimura, Akiko Yabuuchi

▲このページのトップへ


国内学会・研究会等

日時学会名 / 演題名 / 発表者
2017.1.8-9 第22回日本臨床エンブリオロジスト学会(東京都墨田区 すみだリバーサイドホール)
  • ワークショップ
    卵子凍結ワークショップ
    上野智,薮内晶子
  • ポスター発表
    ICSI 胚抜去時の卵細胞質の状態が臨床成績に与える影響
    銭昱,上野智,寺澤瞳,内山一男,沖村匡史,奥野隆,小林保,加藤恵一
  • 栄養外胚葉の形態および胚発生速度を用いた胚盤胞評価に関する検討 *学術大会長賞受賞
    阿部由紀子,上野智,内山一男,沖村匡史,奥野隆,小林保,加藤恵一

▲このページのトップへ