MENU

当院の不妊治療

着床前診断(PGD)

当院では2006年度より日本産科婦人科学会に対して着床前診断の認可申請を行っています。認可申請の対象となる方は、以下の申請基準を満たすご夫婦のみです。

男女産み分けや着床前遺伝子スクリーニング(PGS)は受け付けておりません。

再診で月経3日目にご来院の方へ

当院で着床前診断を行って生まれた赤ちゃんたちにつきましては、生下時、特に大きな問題はないことが確認されています。 また、専門医による予後調査などを行い、お子さんへの長期的なフォローアップも試みています。 残念ながら流産された方々につきましては、ご夫婦の染色体構造異常が原因の流産ではないことも検査で確認済みです。

対象となるご夫婦で着床前診断をご希望の場合は、まずは下記予約窓口までお電話にてご相談ください。
ご予約窓口:03-3366-3782
(平日午前9:00~午後5:00)

遺伝相談をご希望の方へ

当院での治療において、遺伝や遺伝子が関係する病気や問題に対して詳しい説明が聞きたい方、 ご不安やお悩みがあり相談されたい方などに対し、認定遺伝カウンセラーや臨床遺伝専門医が最新の遺伝医学の情報をわかりやすく説明し、 ご自身が意思決定をするためのお手伝いをいたします。
当院の患者様で遺伝相談をご希望の方は、あらかじめ上記の予約窓口までお電話にてご相談ください。

PAGE TOP