MENU

各部門のご紹介

培養部

培養部

当院には約60名の培養士が在籍し、そのうち半数以上は顕微授精を含む高度な技術を習得しております。患者様の大切な卵子と精子を安心してお預けいただけるように、私たち培養室メンバーは、以下の5つを常に意識して日常業務を行っております。

  • 1. より高い受精率
  • 2. 正常な受精卵を得る
  • 3. 受精卵の質を落とさない
  • 4. 最適な周期での胚移植
  • 5. 安心して治療を受けていただくために

では、当院の培養室の特徴について、詳しくご紹介させていただきます。

培養室

より高い受精率

1.卵子の成熟を確認

採卵された卵子が成熟しているかどうかで、受精の方法(通常の体外受精、または顕微授精)やそのタイミングが変わってきます。同じ周期に採卵された卵子でも、個々で成熟度合が違うので、それぞれの卵子を細かく観察する必要があります。
当院では、採卵直後に顕微鏡下で卵子を伸展拡大し、極体の有無を調べることで、成熟度を正確に判定しています。

2.最適なタイミングで顕微授精(ICSI)を行う

卵子の成熟度を正確に判定することで、受精のタイミングを最適にすることができます。 未成熟卵子は、まだ受精の準備ができていません。また、成熟しても時間と共に卵子の老化により受精率は低下するので、採卵時に成熟度を判定することは重要です。特に顕微授精(ICSI)では、染色体を含んだ細胞内構造物である紡錘体をしっかりと確認し、その有無を調べることで最適な受精のタイミングをはかっています。

受精の確率を高めるために

正常な受精卵を得る

紡錘体を損傷しない安全性の高い顕微授精(ICSI)

ICSIを行う際には、卵子の極体と紡錘体を傷つけないことが、とても重要です。
紡錘体は極体の近くにあると考えられていましたが、必ずしもすべてが極体に近い位置にあるわけではありません。紡錘体が極体から離れてICSIの針により障害を受ける領域に存在する卵子もあり、当院のデータでは約12%に及びました。(動画を参照)
当院では2009年より、紡錘体を直接観察しながら、紡錘体に損傷を与えない安全なICSIを行っています。その結果、異常受精率が低下しています。

動画を再生

紡錘体と極体の位置が離れている卵子

加藤レディスクリニックの顕微授精(ICSI)の実際~ 精子選別から卵子内注入までの
正確な操作がポイント ~

ICSIを行う上で、3つの重要なポイントがあります。
1.元気が良く、形の正常な精子を選ぶこと。そのために精子の動きを遅くするための添加物(PVP:ポリビニルピロリドン)を培養液に加えることなく、顕微鏡で1000倍まで拡大して正常な形態の精子を判別します。
2.紡錘体の観察と、紡錘体を傷つけないために、安全な位置で卵子を固定すること。
3.正確かつ丁寧に卵子の中に精子を注入すること。


以下の動画は、当院のICSIの様子を撮影したものです。どうぞご覧ください。

動画を再生

受精卵の質を落とさない

培養環境の安定化に向けて

卵子・精子・胚を体外で培養するには、インキュベータが必要です。これは常に体内と同じ一定の条件(37℃、二酸化炭素5%、酸素5%、窒素90%)を維持するための装置で、培養室では最も重要な機器です。観察や培養液の交換のためにインキュベータから胚を取り出すことは、培養環境に悪影響を及ぼします。当院では、独自に改良したマイクロスコープにより、インキュベータから取り出すことなく胚の発育状態を把握できる、新たなシステムを開発しました。その結果、胚盤胞での凍結保存率が有意に上昇しました。

独自開発のマイクロスコープと観察の様子独自開発のマイクロスコープと観察の様子

最適な周期での胚移植

1. 凍結融解 胚盤胞のメリット

子宮内膜が最適な着床環境になるのは排卵(採卵)から5日目である、と私たちは考えています。しかし、胚の発育速度は様々なので、すべての胚が排卵から5日目に胚盤胞まで発育するとは限りません。実際に胚盤胞に到達するのは排卵から5~7日目とばらつきがあり、発育が遅い胚は子宮の着床受容時期を過ぎてしまい、着床率の低下につながります。
そこで、発育が遅れた胚盤胞は、移植できる状態に発育してから一旦凍結します。これにより、子宮内膜の状態が最適な時期に、胚盤胞を融解して移植することが可能になりました。
現在、すべての胚盤胞が排卵5日目の子宮内膜の状態で移植を行うことができ、以前と比べて着床率が大きく上昇しています。

2.ガラス化凍結法

ガラス化凍結法とは、凍結保護物質と急速冷却により、胚の細胞に障害を与えることなく、仮死状態のまま保存する方法です。
1990年代までの凍結方法は、氷の結晶の発生による体積膨張のために細胞が障害を受けて死んでしまうことが多々ありました。この問題を解決すべく、1998年に当院の研究開発部によりガラス化凍結法が開発され、2000年に製品化されました。
この方法は、細胞内での結晶の発生を防ぎ、凍結しているときの状態がガラス状の固体に見えるので「ガラス化凍結法」と呼ばれています。その後のさらなる技術の進歩により、ついに当院のガラス化凍結融解後の胚の生存率は99%まで高まりました。これまでの凍結法に比べ、操作方法も簡便で胚の生存性が高いことから、現在では国内のほとんどの不妊治療施設に普及し、日本の体外受精の赤ちゃんの約70%が、このガラス化凍結法を用いた治療により誕生しています。

ガラス化凍結法

安心して治療を受けていただくために

1. バーコード認証システムによる徹底した検体管理

当院では、年間25,000周期を超える採卵を行っています。1日あたり70人以上の患者様の採卵を行っている計算になります。
これほど多くの患者様の精子、卵子をお預かりする上で最も気をつけなくてはいけないのが、卵子・精子・胚の取り違いを絶対に起こさないことです。当院ではバーコード認証システムを用いて、徹底した管理を行っています。

取り違いを防ぐためのバーコード認証システムとは?

当院で治療を受けられた患者様の培養記録は、独自に開発した培養情報管理システムに保存されています。この管理システムでは、患者様の治療周期ごとにIDを発行し、それを元に、ご本人様認証用のバーコードシールを作成。そのシールを精子、卵子を培養する、すべての容器に貼り付けます。採卵、媒精、移植など、あらゆる作業工程は、バーコードによる認証をクリアしないと進行できないシステムになっています。
また、治療方針の決定やバーコードの貼り付け作業など、人が行わなければいけない作業では、必ず2人以上の培養士による「声出し」「指差し」のダブルチェックを行っています。
このように徹底した管理体制を整え、業務にあたっています。

安心して治療を受けていただくために

2. インキュベータの倒壊防止対策と自家発電装置

当院では2000年にインキュベータの倒壊防止対策を施し、その後自家発電装置を設置し、たとえ停電があっても培養中の卵子・胚に影響を及ぼさない体制を作っております。
2011年の東日本大震災では当院のビルでも大きな揺れがありましたが、すべての卵子、精子、胚を損傷することなく培養を続けることができました。

自家発電装置

強固な壁にインキュベータを固定

PAGE TOP