MENU

各部門のご紹介

研究開発部

~より安全で効果的な治療を患者様へお届けしたい~

研究開発部は、不妊治療分野において、より安全で体にやさしい効果的な治療を患者様にお届けするため、新しい技術の開発ならびに治療法の確立のための様々な研究を行っています。また、培養液や採卵針など、不妊治療に関連する製品や器具の新規開発・改良も行っております。
メンバーは11名の研究員[医師・医学博士1名、博士(農学、畜産学)4名、修士(理学、動物応用科学)2名、学士(畜産学)1名、不妊症看護認定看護師1名、臨床検査技師2名]からなり、それぞれが熟練した技術ならびに専門知識を有しております。
また2011年、石川県にラットやマウスの動物実験施設「KLC再生医療研究所」を設立し、当院動物実験委員会の承認のもと基礎研究を行っています。得られた成果を一日でも早く皆様の元へお届けできるよう、日々研究に励んでおります。

現在の研究内容

新規胚培養液の開発

卵子が精子と出会ってできた受精卵は、そこから「胚」と呼ばれます。胚は胚移植までの期間、培養液内で育てられていきます。しかし、一部の胚は途中で発育が悪くなってしまい、胚移植できないもことがあります。我々は新規胚培養液の開発により、より質の高い胚へと発育させることを目指しています。

新規凍結保存法の開発

凍結胚移植プランの場合、胚は胚移植までの間、-196℃の液体窒素内で凍結保存されます。当院における凍結融解後の胚の生存率は99%ですが、従来よりも、より胚に対してやさしい凍結保存法の開発を目指しています。

自然周期、低刺激周期の利点について

当院の治療の特色は患者様にやさしい自然周期、低刺激周期での採卵です。自然周期、低刺激周期の利点について、学術的に検証しています。

主な研究成果

新規凍結融解液の開発

ヒドロキシプロピルセルロースを添加した、新しい凍結保存液の効果を検討しました。近年、新しい凍結液は、従来の凍結液と比較して凍結保護効果が高く、生存率が向上することが明らかとなりました。

C. Mori et. al.
Hydroxypropyl cellulose as an option for supplementation of cryoprotectant solutions for embryo vitrification in human assisted reproductive technologies. Reprod Biomed Online. 2015 Jun;30(6):613-21.

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)剤投与が及ぼす子宮内膜への影響の解明

不妊治療において、一般的に利用されるhCG剤が与える子宮への影響についてマウスを用いて研究しました。その結果、hCG剤の投与により、子宮内膜環境に悪影響を及ぼし、着床率を低下させることが明らかになりました。

K. Ezoe, et. al.
Ovarian stimulation using human chorionic gonadotrophin impairs blastocyst implantation and decidualization by altering ovarian hormone levels and downstream signaling in mice. Mol Hum Reprod. 2014 Nov;20(11):1101-16.

移植胚の着床率改善の試み

単一凍結融解胚盤胞移植前に、胚盤胞の透明帯を完全に除去することで、胚の着床能が向上することがわかりました。

S.Ueno et.al.
Complete zona pellucida removal from vitrified-warmed human blastocysts facilitates earlier in-vitro attachment and outgrowth. Reproductive BioMedicine Online Volume 33, Issue 2, August 2016, Pages 140–148.

その他、当院の業績についての詳細は「学会発表・論文」のページをご覧ください。

学会発表・論文

PAGE TOP