体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 用語集

用語集

用語集

あ行 | か行 | さ行 | な行 | は行 | ま行 | ら行 | 英字 



【あ行】

黄体

排卵したあとに形成される内分泌組織。卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌する。

黄体化ホルモン(LH)

卵胞の成熟、排卵、黄体形成を促すホルモン。卵胞刺激ホルモン(FSH)と一緒に働く。排卵が近づくと、急激に大量の黄体化ホルモンを放出し(この現象を「LHサージ」と呼ぶ)、排卵を促す。

黄体機能不全

受精卵が子宮内膜に着床できない状態を指す。黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌不全、排卵異常、子宮内膜の異常など、さまざまな原因により起こる。

黄体ホルモン(プロゲステロン)

子宮内膜を肥大化させ、着床の準備や妊娠維持の環境を整えるホルモン。排卵後、卵巣内で卵胞は黄体となり、ここから黄体ホルモンが分泌される。このホルモンの分泌により、基礎体温が上昇する。黄体ホルモン剤には「デュファストン」「ルトラール」「ルティナス」などがある。

▲このページのトップへ



【か行】

基礎体温

毎朝目が覚めてすぐ、起き上がらない状態で計測した体温。グラフにすると、低温相と高温相が現れる。排卵が無ければ、低温・高温の差が現れない。

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマチスという病原体によって起こる感染症で、男性は尿道炎、前立腺炎などを、女性は子宮頸管炎などを引き起こす。

クロミフェン

排卵誘発剤の一種。卵巣から出る卵胞ホルモンの作用を抑えることで、卵胞刺激ホルモン(FSH)を増やし、排卵を促す。クロミフェンの単独療法と、hMG、hCGなどの薬剤と併用する場合がある。薬剤名は「クロミッド」「セロフェン」

頸管粘液

子宮頸管からの分泌物。卵胞ホルモンなどの働きで性状が周期的に変化し、ばい菌を殺す性状や、精子を通す性状などが現れる。

抗精子抗体

精子を抗原とする免疫反応。精子の凝固や不動化を引き起こし、受精を妨げる。

▲このページのトップへ



【さ行】

子宮筋腫

子宮の筋組織から発生する良性の腫瘍。

子宮内膜症

子宮内膜の組織が、子宮以外の組織や臓器などに存在する症状。卵巣に血液がたまると、チョコレート嚢腫や癒着などの原因になる。

シクロフェニル

経口の排卵誘発剤。薬剤名は「セキソビド」

視床下部

脳下垂体に性腺刺激ホルモンを放出させる働きを担う。

精液

精液中の1%が精子で、残る99%は精漿と呼ばれる分泌液。副性器に障害があると、精液が作られなかったり、精子が死滅したりする。

精子濃度

1ml中の精子数。1500万個以上が正常。

精子無力症

運動する精子が50%未満、あるいは活発な直線運動をする精子が25%未満の状態を指す。

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)

性腺に作用し、性腺の発育を促すホルモンの総称。脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)、胎盤から分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の3種類がある。

造精機能障害

精液検査で、精子濃度・運動率が低く、奇形率が高い場合を指す。

▲このページのトップへ



【な行】

脳下垂体

視床下部から刺激を受けて、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)などを分泌する。

▲このページのトップへ



【は行】

排卵誘発(COH)

薬によって排卵を起こすこと。排卵障害がある場合、あるいは、自然排卵が認められる場合でも、排卵をより確実にするために行われる。

ホルモン検査

血液検査によって、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)、プロラクチン(PRL)、黄体ホルモン(プロゲステロン)などを調べること。

▲このページのトップへ



【ま行】

無精子症

精液中に精子が存在しないこと。精子が作られていない場合と、精子があっても輸送されていない場合とがある。

▲このページのトップへ



【ら行】

卵管通気法・通水法

卵管にガスや液体を送って通り具合を調べる検査、および治療法。

卵胞刺激ホルモン(FSH)

脳下垂体から分泌されるホルモンで、卵巣に作用して卵胞の発育を促す。また、黄体化ホルモン(LH)とともに、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌も促す。

卵胞ホルモン(エストロゲン)

卵巣から分泌され、妊娠中は絨毛細胞から多量に分泌される。子宮内膜を増殖させるほか、頸管粘液の分泌を促す働きなどがある。卵胞ホルモン剤には「プレマリン」「エストラダームTTS」「ジュリナ」などがあるが、これらは主に更年期障害の症状改善に使われる。

▲このページのトップへ



【英字】

hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)

排卵誘発剤の一種。基本的な構成成分は、卵胞刺激ホルモン(FSH)と、黄体化ホルモン(LH)。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)

排卵を促すホルモン。黄体化ホルモン(LH)作用がある。クロミフェンやhMGを投与したのち、排卵誘発剤や黄体機能賦活剤として注射される。

LHサージ

急激で大量の黄体化ホルモン(LH)の放出のことを指す。排卵の直接的な引き金となる。LHサージから排卵までの時間は、24~40時間程度とされている。

▲このページのトップへ

お問い合わせ

加藤レディスクリニック
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-20-3
ウエストゲート新宿ビル
TEL: 03-3366-3777
FAX: 03-5332-7373
E-mail:
kato-ladies-clinic@towako-kato.com