MENU

当院の不妊治療

男性不妊

男性不妊の概要

男性側の不妊原因の90%以上が精子を作る機能に障害がある「造精機能障害」という結果になっています。そのうちの約半分は原因が特定できますが、残りの半分は原因が不明です。

造精機能障害90%

男性不妊の治療

精液検査の結果をもとに薬物療法や外科手術、または体外受精を行います。

精液検査の所見は、定められた基準で評価されます。(WHOガイドライン)

精液所見からの分類

  • 乏精子症(精子の濃度が15×10⁶/ml以下)

    精液中に精子を認めるが、数が少ない症状。重症例は顕微授精が必要。

    イメージ
  • 精子無力症(精子運動率が40%以下、または高速に直進する精子の率が32%以下)

    精子数は正常であるが、精子の運動率が悪い症状。重症例は顕微授精を行う。

    イメージ
  • 精子奇形症(正常形態精子が4%以下)

    元々精液には奇形精子が多く含まれるが、正常精子が5%未満は顕微授精が必要。

    イメージ
  • 無精子症(射出精液中に精子が全くない)

    造精機能障害の中でも重い症状。

無精子症

無精子症は、大きく2つのタイプに分かれます。
睾丸の造精機能が不足している場合(非閉塞性無精子症)と、睾丸と尿道をつなぐパイプ部分に問題がある場合(閉塞性無精子症)です。同じ無精子症という言葉ですが、これらの原因と治療法は大きく異なります。
また、無精子症というと精子が全く存在しないと思われがちですが、実は無精子症と診断された患者さんの精巣内を検査したところ、44%の患者さんにわずかですが精子を認めることができました。この場合は陰嚢から精子を採取し顕微授精(ICSI)を行うことができます。

イメージ

※ 無精子症の場合、以下の方法で精子を回収します。

  • TESE

    陰嚢を切開し、精巣内から精細管を採取して精子を回収。
    局所麻酔が必要。

  • MD-TESE

    陰嚢を切開し、顕微鏡下で精巣内から状態の良い精細管を採取して精子を回収。
    全身麻酔、脊椎麻酔が必要。

  • PESA

    陰嚢を切開せず針を刺して精巣上体から精巣上体管液を吸引し、精子を回収。
    局所麻酔が必要。

  • MESA

    陰嚢を切開した後、カテーテルで精巣上体管液を吸引し、精子を回収。
    腰椎麻酔が必要。

イメージ

PAGE TOP