MENU

当院の不妊治療

乳がん患者様のための
卵子・受精卵保存

注)大腸がん、卵巣がん、子宮頸がん・子宮体がんなど、骨盤腔内の悪性腫瘍の患者様は、お受けできませんのでご了承ください。

当院では、乳がん治療に際し卵子や受精卵の凍結保存を希望される患者様に対して、可能であれば採卵を行い、原疾患の治療を終えた患者様が将来お母さんになるための手助けを行っています。

以下の質問に当てはまるか確認の上、保存を希望される方は、受診予約をしていただく前に必ず下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

受診予約をしていただく前に

乳がんに罹患して卵子採取ならびに凍結保存をご希望されるみなさんへ(PDFファイル)

上記の書類をご一読の上、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
電話番号:03-3366-3777
(平日午前8:00~午後4:00)

お問い合わせいただいた際に、お名前・ご連絡先・通院中の施設名などを担当者がお伺いします。
(所要時間5~10分程度)

乳がんに罹患して卵子採取ならびに凍結保存をご希望されるみなさんへ(PDFファイル)

乳がん患者様を診察されている先生方へ(PDFファイル)

卵子・受精卵保存をご希望の患者様は、紹介状(診療情報提供書)をダウンロードしてお使いいただきますようお願いいたします。当院紹介状の内容が記載されていれば、紹介元施設のひな形でも構いません。

紹介状(診療情報提供書)(PDFファイル)

紹介状(診療情報提供書)(Excelファイル)

「思春期・若年がん患者等を対象とした日本がん・生殖医療登録システムによる治療成績解析」へのご協力のお願い
当院では、がん患者様に対するがん・生殖医療提供体制の実情把握と改善のため、妊孕性温存治療を受けられるがん患者様にご協力をいただき、「思春期・若年がん患者等を対象とした日本がん・生殖医療登録システムによる治療成績解析」の研究を行っています。この研究は、埼玉医科大学総合医療センター・高井泰が総括研究代表者を務める多施設共同研究で、特定非営利活動法人日本がん・生殖医療学会(http://www.j-sfp.org)が研究活動の母体となっております。以下の説明文をご一読いただき、研究にご参加されるかのご判断をいただければ幸いに存じます。
日本がん・生殖医療登録システムへのご協力のお願い(PDFファイル)

PAGE TOP