Our Clinic 各部門のご紹介

学会発表・論文

2022年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2022.7.3-6 The 38th Annual meeting of ESHRE (Milano Convention Center, Milan, Italy)
    Oral presentation
  • Annotation-free embryo score calculated by iDAScore® correlated with live birth and has no correlation with neonatal outcomes after single vitrified-warmed blastocyst transfer
    Satoshi Ueno, Berntsen Jørgen, Motoki Ito, Tadashi Okimura and Keiichi Kato
  • Recovery culture of human cryopreserved blastocysts with prolactin after warming improves trophoblast outgrowth
    Kenji Ezoe, Nanoha Fujiwara, Tetsuya Miki and Keiichi Kato
  • Letrozole-induced endometrial preparation improved pregnancy outcomes after frozen blastocyst transfer compared to the natural cycle
    Keiichi Kato, Kenji Ezoe, Junichiro Fukuda, Kazumi Takeshima and Kazunori Shinohara

    Poster session
  • Maternal and obstetric outcomes are influenced by developmental stage and cryopreservation of transferred embryos after clomiphene citrate-based minimal stimulation IVF
    Sachie Onogi, Kenji Ezoe, Nami Kawasaki, Hiroko Hayashi, Tomoko Kuroda, Kazumi Takeshima, Kaou Tanoue, Shogo Nishii and Keiichi Kato
  • The first morphokinetic map of human abnormal fertilisation
    Tsubasa Takahashi, Kiyoe Shimazaki, Yuko Tanimura, Ayumi Amagai, Ayano Sawado, Hikari Akaike, Mai Mogi, Shigeru Kaneko, Mizuki Kato, Tadashi Okimura, Tetsuya Miki, Kenji Ezoe, Keiichi Kato, Andrea Borini and Giovanni Coticchio

国内学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2022.7.28-29 第40回日本受精着床学会学術集会(東京都新宿区 京王プラザホテル)
    シンポジウム 5 保険診療における Shortening time to pregnancy を考える
  • 低刺激 ART を中心とした施設での診療
    福田淳一郎

    カレントトピックス 3 PGT-A のモザイク現象 (mosaicism) について考える
  • モザイク胚の考え方とその取扱いについて
    加藤恵一

    世界体外受精会議記念賞候補演題プログラム(臨床)
  • 無水エタノール局注による異所性妊娠の絨毛膜絨毛標的療法(CV―T 療法):242 症例における有効性の検討
    長田尚夫、中瀬佳織、遠藤真沙子、永石匡司、瀬川智也、加藤恵一、寺元章吉、貝嶋弘恒
  • 本邦における妊孕性温存を目的とした受精卵(胚)凍結保存に関する実施状況調査(厚生労働科学研究補助金 ( がん政策研究事業 ) 研究班 (20EA1004))
    沖村匡史、泊博幸、沖津摂、水野里志、菊地裕幸、古山紗也子、谷口憲、田村功、太田邦明、福田雄介、洞下由記、鈴木直

    一般口演
  • 妊孕性温存療法における未受精卵子凍結保存実施状況の全国調査(厚生労働科学研究補助金(がん政策研究事業)研究班(20EA1004))
    菊地裕幸、泊博幸、沖津摂、水野里志、沖村匡史、古山紗也子、谷口憲、田村功、太田邦明、福田雄介、洞下由記、鈴木直
2022.5.28-29 第63回日本卵子学会学術集会(京都府京都市 メルパルク京都)
    シンポジウム 2「胚の選択指標とPGT-A」
  • 胚盤胞の形態、発生動態および人工知能を用いた胚評価と正倍数性の関係について
    上野智、加藤恵一

    一般口演
  • 胚培養士を対象とした妊孕性温存療法における未受精卵子凍結保存実施状況調査(厚生労働科学研究補助金(がん政策研究事業)研究班(20EA1004))
    菊地裕幸、泊博幸、沖津摂、水野里志、沖村匡史、薮内晶子、古山紗也子、谷口憲、田村功、太田邦明、福田雄介、洞下由記、鈴木直
  • 本邦の妊孕性温存療法における卵巣組織凍結実施状況調査(厚生労働科学研究補助金(がん政策研究事業)研究班(20EA1004))
    古山紗也子、洞下由記、泊博幸、沖津摂、水野里志、菊地裕幸、沖村匡史、藪内晶子、谷口憲、田村 功、太田邦明、福田雄介、鈴木直
  • 本邦における妊孕性温存療法に使用する凍結保存タンク管理の実施状況調査(厚生労働科学研究補助金(がん政策研究事業)研究班(20EA1004))
    水野里志、泊博幸、沖津摂、菊地裕幸、沖村匡史、古山紗也子、薮内晶子、谷口憲、田村功、太田 邦明、福田雄介、洞下由記、鈴木直
  • 妊孕性温存療目的とした精子・精巣内精子凍結保存の実施状況 ~ Web による全国調査から~(厚生労働科学研究補助金(がん政策研究事業)研究班(20EA1004))
    福田雄介、太田邦明、泊博幸、菊池裕幸、沖津摂、水野里志、沖村匡史、薮内晶子、古山紗也子、谷口憲、田村功、洞下由記、鈴木直
  • 妊孕性温存を目的とした受精卵(胚)の凍結保存に関する実施状況調査(厚生労働科学研究補助金(がん政策研究事業)研究班(20EA1004))
    沖村匡史、泊博幸、沖津摂、水野里志、菊地裕幸、薮内晶子、古山紗也子、谷口憲、田村功、太田邦明、福田雄介、洞下由記、鈴木直
2022.3.27 第17回日本A-PART学術講演会(東京都新宿区 ハイアットリージェンシー東京)
    シンポジウム 2「PGT-Aで何が変わるのか」
  • PGT-Aにおける当院の工夫と胚選択の実際
    加藤恵一
2022.3.22-5.20 日本受精着床学会第18回ART生涯研修コース(オンデマンド配信)
  • タイムラプスを用いた胚評価による新たな可能性
    上野智
2022.1.8-9 第27回日本臨床エンブリオロジスト学会 (神奈川県横浜市 大さん橋ホール)
    ワークショップ
  • Vitrification:Cryotop 法
    伊藤基樹
  • Biopsy
    金子繁

    セミナーコース
  • エンブリオロジスト求められる手腕とは「私の考える ART 道」
    内山一男

    シンポジウム 2『ART の世界も IT 産業だ!』
  • AI による胚盤胞評価方法はこれまでの評価法より優れているのか?~胚盤胞における着床評価モデルの比較~
    上野智、加藤恵一

    ポスター発表
  • 前核消失の異常が臨床成績に及ぼす影響の検討
    滑川志摩、江副賢二、竹之内瞳、本田香澄、垰田将汰、金子繁、三木哲也、沖村匡史、加藤恵一
  • 融解液への脂肪酸添加は凍結初期胚の発生能を改善させる
    三木哲也、江副賢二、大畠一輝、小浦場志津、藤原なのは、加藤恵一
  • TUNEL法及びAnnexinVによる精子アポトーシスの検出は、C-IVFにおける受精の有無の指標となりえるか
    伊藤雄海、上野智、沖村匡史、加藤恵一

原著論文

学会名 / 演題名 / 発表者
  • Time from trophectoderm biopsy to vitrification affects the developmental competence of biopsied blastocysts
    Reproductive Medicine and Biology, 21(1): e12439, 2022
    Miki T, Ezoe K, Kouraba S, Ohata K and Kato K
  • Case-based survey: The impact of breast-cancer treatment on fertility in Japan
    J Obstet Gynaecol Res, 48(3):553-562, 2022
    Yamazaki R, Ono M, Sugie T, Inokuchi M, Ishikawa S, Horage Y, Kojima Y, Iwasa T, Hara T, Nagata Y, Kato K, Michikura Y, Kuramoto T, Uchida S, Horie A, Fujiwara H and Matsuzaki T
  • A practical survey of fertility-preservation treatments in the startup phase in Japan
    J Obstet Gynaecol Res, 48(5):1061-1075, 2022
    Takae S, Kato K, Watanabe C, Nara K, Koizumi T, Kawai K, Ota K, Yumura Y, Yabuuchi A, Kuwahara A, Furui T, Takai Y, Irahara M and Suzuki N
  • クロミフェン・レトロゾールを用いた調節卵巣刺激
    臨床婦人科産科 2022 増刊号 Vol.76, No.4, 144-4 医学書院
    唐木田真也、加藤恵一