MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2021年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2021.11.25-26 The 25th Thai Society for Reproductive Medicine 2021 (WEB開催)
    Symposium
  • Current status and future prospects of embryo culture and evaluation using a time lapse incubator
    Satoshi Ueno and Keiichi Kato
2021.10.17-20 The 77th ASRM Scientific Congress & Expo (WEB開催)
    Symposium
  • Adenomyosis and Infertility: Medical and Surgical Management Strategies
    Hisao Osada
2021.9.23-25 The 22nd Chongqing ART Conference (WEB開催)
    Symposium
  • Clinical usefulness of annotation free blastocyst grading system based on deep learning
    Satoshi Ueno and Keiichi Kato
2021.6.26-7.1 The 37th Annual meeting of ESHRE (WEB開催)
    Oral presentation
  • An annotation-free embryo scoring system (iDAScore®) based on deep learning shows high performance for pregnancy prediction after single-vitrified blastocyst transfer
    Satoshi Ueno, Motoki Ito, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Akiko Yabuuchi and Keiichi Kato
  • Fatty acid supplementation into warming solutions improve the developmental competence of mouse, bovine, and human oocytes and embryos after vitrification
    Kazuki Ohata, Kenji Ezoe, Tetsuya Miki, Shizu Kouraba, Nanoha Fujiwara, Akiko Yabuuch and Keiichi Kato
2021.4.30-5.2、5.8-5.9 The 10th congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction (WEB開催)
    Vitrolife Symposium
  • Making Time-lapse Embryo Culture Standard Of Care at our Clinic; The Advent Of iDAScore For Embryo evaluation
    Satoshi Ueno and Keiichi Kato

PAGE TOP

国内学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2021.12.17-18 第7回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 (大阪府豊中市千里ライフサイエンスセンター)
    一般口演
  • 当院7年間におけるART妊娠症例の羊水検査を主とした出生前遺伝学的検査の推移と検討
    田中慧、福田淳一郎、川崎奈美、黒田知子、林博子、濱田雄行、張士青、山崎裕行、篠原一朝、谷田部典之、小林保、加藤恵一
2021.12.15 ESフォーラム (WEB開催)
  • 従来の形態評価と新しいモデル(KIDScore , iDAScore)の比較
    上野智、加藤恵一
2021.12.05 オリジオ・ジャパン株式会社クリスマススキルアップウェビナー(WEB開催)
  • PGT-Aに必要な基本技術-成績向上のために留意するべき点とは?-
    青山直樹、加藤恵一
2021.12.3-9 第399回東京産科婦人科学会例会 (WEB開催)
    一般口演
  • ART妊娠症例における出生前遺伝学的検査に関する検討
    田中慧、福田淳一郎、黒田知子、張士青、濱田雄行、倪暁文、谷田部典之、小林保、加藤恵一
2021.11.11-12 第66回日本生殖医学会学術講演会 (鳥取県米子市米子コンベンションセンター BIGSHIP、米子市文化ホール)
    ランチョンセミナー3
  • タイムラプスインキュベーターを用いた胚評価の現状と今後の展望
    加藤恵一

    シンポジウム6 ラボラトリーワークの技術革新
  • 凍結融解液への脂肪酸添加による胚発生の改善
    大畠一輝、江副賢二、三木哲也、小浦場志津、藤原なのは、加藤恵一

    一般口演
  • Smooth endoplasmic reticulum clusters(sERCs)は,PN の挙動と分割速度に影響を与えるが,臨床成績には影響しない
    上野智、三木哲也、内山一男、沖村匡史、薮内晶子、加藤恵一
  • 当院胚培養士における経験年数別 Piezo-ICSI の臨床成績について
    金子繁、上野智、薮内晶子、沖村匡史、加藤恵一
  • Rescue-ICSI 施行のタイミングがその後の臨床成績に及ぼす影響について
    石井緑、金子繁、上野智、薮内晶子、沖村匡史、加藤恵一
  • 受精時の Cytoplasmic Halo の動態に影響を及ぼす因子の解析
    江副賢二、三木哲也、薮内晶子、加藤恵一
  • 異常前核消失が胚発生に及ぼす影響の検討
    垰田将汰、江副賢二、竹之内瞳、滑川志摩、本田香澄、島崎精恵、三木哲也、沖村匡史、加藤恵一

    ポスター発表
  • 当院の DOR(diminished ovarian reserve)の ART 妊娠
    田中慧、福田淳一郎、張士青、濱田雄行、中川優子、伊藤正典、佐藤團、安藤郷子、藤田裕、倪暁文、土山哲史、和田恵子、山崎裕行、篠原一朝、谷田部典之、加藤恵一
  • 自然周期融解胚盤胞移植における増殖期後期の子宮内膜厚と妊娠予後の関連性の検討
    小野木さちえ、福田淳一郎、江副賢二、西原聖子、西井彰悟、小林保、加藤恵一
2021.10.23 公益社団法人日本産科婦人科学会倫理委員会PGT-A・SR 臨床研究に関する公開シンポジウム (WEB開催)
    Ⅱ.意見聴取と臨床的意義について
  • 不妊治療におけるPGT-Aの意義
    加藤恵一
2021.10.13-16 日本人類遺伝学会第66回大会 (神奈川県横浜市パシフィコ横浜 会議センター)
    ポスター発表
  • 当院でのPGT-Aにおけるモザイク胚の取り扱いと移植の現状について
    加藤恵一、川崎奈美、林博子、江川里枝、宇佐美明美、下河内晶子、青山直樹、山本俊至、竹下俊行、黒田知子
  • G-bandで正常核型と診断され、PGT-A臨床研究参加中のNGS結果から診断に至った染色体構造異常保因者夫婦の一例
    黒田知子、川崎奈美、林博子、江川里枝、宇佐美明美、青山直樹、下河内晶子、加藤恵一
  • 当院での流産症例に対する流産絨毛染色体分析結果とPGT-Aを含むその後の治療選択に対する遺伝カウンセリングの観点による検討
    宇佐美明美、黒田知子、川崎奈美、林博子、下河内晶子、加藤恵一
  • PGT-A希望患者に対する臨床研究参加の可否も含めた当院での遺伝カウンセリングの実際
    江川里枝、宇佐美明美、伊藤志保、青山直樹、川崎奈美、黒田知子、加藤恵一
2021.8.27 ヴィトロライフ・メディカルサプライセミナー (WEB開催)
  • AI 利用の実情とタイムラプス活用法
    上野智、加藤恵一
2021.7.15-16 第39回日本受精着床学会学術講演会 (兵庫県神戸市 神戸国際会議場)
    シンポジウム8 PGT-A におけるモザイク胚の扱い
  • PGT-A におけるモザイクの考え方と胚の取り扱いについて
    加藤恵一

    スポンサードセミナー 10
  • クロミフェンを使用した ART における排卵誘発の実際~基本から卵巣機能不全患者に対する応用まで~
    篠原一朝

    一般口演
  • Preimplantation genetic testing for aneuploidy(PGT-A)正倍数性胚の移植成績
    福田淳一郎、張士青、田中慧、江副賢二、黒田知子、山寺里枝、青山直樹、宇佐美明美、伊藤志保、小林保、加藤恵一
  • 卵管水腫または骨盤内癒着による卵管性不妊患者における慢性子宮内膜炎:その有病率と、腹腔鏡下手術が慢性子宮内膜炎ならびに IVF の妊娠率に及ぼす影響について
    長田尚夫、中瀬香織、藤田裕、宮内修、瀬川智也、加藤恵一、寺元章吉、生水真紀夫
  • クロミフェン周期新鮮胚移植における増殖期後期の子宮内膜厚が妊娠成績に与える影響について
    西井彰悟、福田淳一郎、江副賢二、西原聖子、小野木さちえ、小林保、加藤恵一
  • 当院 ART による妊娠症例の無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)に関する検討
    田中慧、福田淳一郎、林博子、黒田知子、川崎奈美、西井彰悟、中瀬香織、濱田雄行、張士青、佐藤團、倪暁文、篠原一朝、谷田部典之、小林保、加藤恵一
  • ヒト桑実期胚における割球の Exclusion および Extrusion は生産率と相関する
    島崎精恵、江副賢二、二ノ宮麻耶、若林夏希、大畠一輝、沖村匡史、内山一男、小林保、加藤恵一
2021.4.22-25 第73回日本産科婦人科学会学術講演会 (新潟県新潟市朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターおよびWEB開催4.22-5.7)
    一般口演
  • 自然周期・低刺激を基本とする大規模ART施設の臨床成績  ~2018 ARTオンライン登録より~
    福田淳一郎、西井彰悟、竹島和美、倪暁文、田中慧、土山哲史、和田恵子、山崎裕行、篠原一朝、谷田部典之、小林保、加藤恵一
  • 当院における単一胚移植後の多胎妊娠の後方視的検討
    濱田雄行、小野木さちえ、張士青、中瀬香織、西井彰悟、田中慧、山崎裕行、福田淳一郎、篠原一朝、 谷田部典之、小林保、加藤恵一

    ポスター発表
  • LH サージピーク前に主席卵胞消失を繰り返すも自然周期移植にて生児を得た一例
    竹島和美、福田淳一郎、遠藤真沙子、安藤郷子、倪暁文、土山哲史、和田恵子、谷田部典之、小林保、加藤恵一
2021.3.28 生殖補助医療技術者のためのリカレントセミナー from 岡大ARTセンター (岡山県岡山市 岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター)
    招請口演
  • 低卵巣刺激周期における滑面小胞体凝集塊(sERCs)を有する卵子の受精後の胚発生動態と臨床成績について
    上野智
2021.3.19-25 第16回日本A-PART学術講演会WEBセミナー (WEB開催)
    シンポジウム2「低刺激周期ワークショップ」
  • 胚の評価と胚移植後の臨床成績
    加藤恵一
2021.1.9-22 第26回日本臨床エンブリオロジスト学会 (WEB開催)
    How to presentation ③
  • エンブリオロジストが書く学術論文
    上野智

PAGE TOP

原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • A multi-centre, retrospective case series of oocyte cryopreservation in unmarried women diagnosed with haematological malignancies
    Human Reproduction Open, Issue 1: hoaa064, 2021
    Kato K, Ochi M, Nakamura Y, Kamiya H, Utsunomiya T, Yano Y, Michikura Y, Hara T, Kyono K, Takeuchi K, Nakayama T, Iwamasa J, Mio Y, Kuramoto T, Nagata Y, Jo T, Asada Y, Ohishi H, Osada H and Yoshida H
  • Perturbations of morphogenesis at the compaction stage affect blastocyst implantation and live birth rates
    Human reproduction, 36(4): 918-928, 2021
    Coticchio G, Ezoe K, Lagalla C, Shimazaki K, Ohata K, Ninomiya M, Wakabayashi N, Okimura T, Uchiyama K, Kato K and Borini A
  • Prolactin receptor expression and its role in trophoblast outgrowth in human embryos
    Reproductive BioMedicine Online, 42(4):699-707, 2021
    Ezoe K, Miki T, Ohata K, Fujiwara N, Yabuuchi A, Kobayashi T and Kato K
  • Analysis of clinical factors and reasons that influence the disposition of cryopreserved embryos in Japanese patients with infertility treated in our clinic
    J Obstet Gynaecol Res, 47(4):1425-32, 2021
    Nakagawa Y, Onogi S, Zhang S, Nishihara S, Ito M, Ando S, Tanaka K, Tsuchiyama S, Yamasaki H, Shinohara K, Okuno T, Kobayashi T and Kato K
  • Comparison of embryo and clinical outcomes in different types of incubator between two different embryo culture systems
    Reproductive sciences , 28(8):2301-9, 2021
    Ueno S, Ito M, Shimazaki K, Okimura T, Uchiyama K, Yabuuchi A and Kato K
  • Effects of fatty acid supplementation during vitrification and warming on the developmental competence of mouse, bovine and human oocytes and embryos
    Reproductive BioMedicine Online, 43(1):14-25, 2021
    Ohata K, Ezoe K, Miki T, Kouraba S, Fujiwara N, Yabuuchi A, Kobayashi T and Kato K
  • Comparing prediction of ongoing pregnancy and live birth outcomes in patients with advanced and younger maternal age patients using KIDScoreTM Day 5:a large-cohort retrospective study with single vitrified-warmed blastocyst transfer
    Reproductive biology and Endocrinology, 19(1):98, 2021
    Kato K, Ueno S, Berntsen J, Ito M, Shimazaki K, Uchiyama K and Okimura T
  • Pregnancy prediction performance of an annotation-free embryo scoring system on the basis of deep learning after single vitrified-warmed blastocyst transfer: a single-center large cohort retrospective study
    Fertility and Sterility, 116(4):1172-80, 2021
    Ueno S, Berntsen J, Ito M, Uchiyama K, Okimura T, Yabuuchi A and Kato K
  • Spatiotemporal perturbations of pronuclear breakdown preceding syngamy affect early human embryo development: a retrospective observational study
    Journal of Assisted Reproduction and Genetics, 10.1007/s10815-021-02335-6, 2021
    Ezoe K, Coticchio G, Takenouchi H, Taoda S, Namerikawa S, Honda K, Miki T, Okimura T, Kobayashi T, Borini A and Kato K
  • Characteristics of the cytoplasmic halo during fertilisation correlate with the live birth rate after fresh cleaved embryo transfer on day 2 in minimal ovarian stimulation cycles: a retrospective observational study
    Reproductive biology and Endocrinology, 19(1):172, 2021
    Ezoe K, Miki T, Okimura T, Uchiyama K, Yabuuchi A, Kobayashi T and Kato K
  • 4章 生殖補助医療 胚移植の実技
    産科婦人科臨床 4巻 不妊症
    加藤恵一
  • 本邦における自然周期ARTの現状ならびに当院成績との比較
    日本受精着床学会誌, 38(2), 240-46, 2021
    福田淳一郎、江副賢二、和田恵子、土山哲史、山崎裕行、西井彰悟、藤本晃久、網田光善、加藤恵一
  • 2017年日産婦登録データから紐解く本邦のART
    産科と婦人科 Vol.88, No.8, 2021 診断と治療社
    福田淳一郎、加藤恵一
  • 就労女性のためのARTスケジュール(低卵巣刺激)卵子、胚および卵巣組織の凍結保存
    産科と婦人科 Vol.88, No.12, 2021 診断と治療社
    福田淳一郎

PAGE TOP